情報メディア専攻 情報サイエンス専攻

オープンキャンパス


学科がわかるオープンキャンパスを2024年6月23日(日)、7月14日(日)、8月9日(金)、8月10日(土)、9月22日(日)、2025年3月22日(土)に開催!

オープンキャンパスのタイムスケジュール

時間マルチメディア(MM)館
6・7・8階
マルチメディア(MM)館
6階 BYODスペース
14:00

15:30
学科全体説明(10分)
休憩⇒移動・施設見学(15分)
学科別相談コーナー
情報メディア専攻
情報メディア専攻説明(15分)
プロジェクト紹介①(10分)
プロジェクト紹介②(10分)
アンケート・在学生と懇談
・質疑応答(20分)
情報サイエンス専攻
情報サイエンス専攻(15分)
プロジェクト紹介(20分)

アンケート・在学生と懇談
・質疑応答(20分)
15:30

15:50
情報メディア専攻 ※MM802
MUKOJO未来教育総合型選抜
・個別ワークショップ
情報サイエンス専攻 ※MM701
MUKOJO未来教育総合型選抜
・個別ワークショップ

16:30

プロジェクト紹介は、情報メディア専攻のプロジェクトと情報サイエンス専攻のプロジェクトのうち、どちらかを選んでお聞きいただくことができます。
日下記念マルチメディア館6~8階が会場です。ご来場お待ちしています!!

※MUKOJO未来教育総合型選抜の学生募集要項p. 20(情報メディア専攻)、p. 21(情報サイエンス専攻)に記載のワークショップを社会情報学部・社会情報学科として個別に開催し、専攻毎に異なる課題内容を公表します。

オープンキャンパスのプログラム

学科・専攻説明

「文系とか、理系とか、関係ない。社会を変えたい人、集まれ」

2023年開設の社会情報学科について紹介します。専攻ごとの学びの内容とスタイル、新しい施設、卒業後の進路など、学科の特長を解説します。

研究・プロジェクト紹介(学生によるプレゼンテーション)

多彩なプロジェクト活動が、社会情報学科の魅力の一つです。情報メディア専攻/情報サイエンス専攻のそれぞれ2つのプロジェクトを取り上げ、具体的な活動を紹介します。

(次回の詳細は決まり次第、下記TOPICSでお知らせします)

懇談コーナー

何を学ぶの?文系・理系どちらでも大丈夫?など、一人ひとりの疑問や知りたいことを教員にお尋ねください。どんな質問でも大歓迎です。

TOPICS

むこじょTV にて「社会情報学部」に進化する情報メディア学科の学びが紹介されました!

むこじょTV 2022年7月4日放送 #4 「データで待ち行列を解消」にて、2023年4月から「社会情報学部」に進化する情報メディア学科の学びが紹介されました!

◆◇研究・プロジェクト紹介例◇◆

社会情報学科の学生が先生や企業、地域の方々と一緒に行っている研究・プロジェクトを紹介します。

2024年7月14日(日)

情報メディア専攻

郷土食&祭礼の記録・発信プロジェクト

 丹波篠山市の郷土食と春日神社の秋祭りを記録し、地域の人たちが課題としている発信に取り組んでいます。

「映像とデザインで社会解決する」プロジェクト

ららぽーと甲子園における「クラフトビール」街頭PR活動
学生がデザイン制作した「クラフトビール」販促用ポスター
学生がデザイン制作した「クラフトビール」販促用スクエアカード

 藤本ゼミでは、映像(動画・静止画・デザイン)を使って、社会学理論を学び、併せて社会問題の解決をはかることを目的としています。具体的には、公共マナー向上(AC公共広告機構・学生CMコンテスト)、禁煙キャンペーン(禁煙医学会)、西宮発クラフトビール事業の販売促進などの目的に、動画やオリジナルデザインのポスターやスクエアカードを用いるプロジェクトです。

情報サイエンス専攻

触るを測る

 

 プロジェクト活動の現在の中心は「触るを測る」です。指先がジンジンする、足先が冷たいなど、「どれくらい?」が判りにくい、伝えにくいのが皮膚感覚の特徴です。しかし、多くの病気が「触った感じが違う」ことから発見されたり、病気の罹り始めが痺れ感だったなど、とても重要な感覚です。それをどうやって測るか、脳波や体性感覚という日頃の講義では聞かない、やれない実験や計測を通して、その解析方法を通して、多くのことが体験できます。感情を科学的に測る方法、嘘を発見する方法、などデータサイエンスを実際にデータをとるところから体験することで、データについて深い知識や知見を得られます。そういう世界に、社会情報学部から入っていけることをお伝えしたいと思います。


Page Top